プロフィール

りなりな821

Author:りなりな821
岩田りなです。『 自分らしさ 』 という本当の豊かさを取り戻すための、セミナー、カウンセリング、プロデュースをしております。
ルルドの泉、フラワーエッセンス、ライフトラック、ビジョン心理学が大好きです。
阿蘇・熊本のパワースポットやイルカちゃん、自然が大好きな、元ダイビングインストラクター。



☆豊かさ大陸オススメ本一覧☆

カテゴリ

最新記事

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識の海のマインドダイビングは世界旅行なみのファンタスティック!!!

りなりなのカウンセリングは意識の海のマインドダイビング
イルカ

りなりなのカウンセリングは☆内なるハート・意識の海☆に
ダイビングしていくようなイメージ♪

海でスキューバダイビングのインストラクターとしての経験と
とてもよく似ているように感じています。

大自然の海の中は冒険&リラックスをしにいきますので
競技ではないので、勝ち負けそのものはありません。

空気に感謝できる世界です。


●アイコンタクトとバディシステム(2人一組の命を守る制度)
初めて海にタンクを背負って潜るときはだれでも緊張したりします。

海の中ではおしゃべりしないので、アイコンタクトでつながります。

これがとても素晴らしく、緊張していても急に大丈夫感がでるようでした。

さて、通常の陸上における(わざわざ陸上と注意書きするのもなんですが)
カウンセリング(ハート・意識へのマインドダイビング)にあたり

以下のように役立っています。

お話を聴いたり質問したりしながら、
ちょっと意識してアイコンタクトをとります。
(威圧感を与えない穏やかな程度に)

2人の間にハートのつながりと意識のつながりができます。

特に、隠された問題の原因やテーマの核心がわかりにくいときに

効果的に威力を発揮してくれます!

本人も深いレベルで隠していて、
表面意識で「分からない」と言っているとき。

バディである私も「分からない」とき

(人は自分で気づいている領域と気づいていない領域があり、
気づいて知りえているのは自分全体のほんの数%といわれている)

(たとえ全体を知りえなくても、知っている自分率を仮に3%から
9%に上げることは大きな意識の拡大であり、飛躍といわれている)

カウンセリングをする場合、クライアントは自分のほとんどの
領域について表面意識で表現できるほどには、知らないのだ。

カウンセラーもしかりである。

ただ、ある次元の自己は全てを統合して知っている。

そこに繋がりやすい状態をつくりやすいのが
アイコンタクト&バディシステム

繋がりのフィールドに恩恵が招待されるイメージ

そして「2人にわかるように助けてください」とか
「気づきのきっかけになる質問をさせて下さい」

何度か心の中でつぶやきます。

すると、本人がフと重要なヒントになる感情を思い出したり、

「あ!そういえば・・・」

急に何かに気づいたり・・・

呼応するように私のほうに「そこもう2押し突っ込んで!!!」
効果的質問のインスピレーションが来たりします。

あるときはシンボル的な比喩が私のほうにやってきたりしますが、
その比喩は面白ろわかりやすい表現であることが多いので
私のハイアーセルフってきっとお笑い芸人チックなんだろうな~

内なる導きの存在を感じますが、なにより内側から受取る気づき
なので、納得感と実感が2人にあるのが特徴です。
20081008204720.jpg

習ったことのある心理学用語を自分のテーマに当てはめて分析する
ことは無駄ではありませんが、ひねり出した答えは新鮮さや驚きに
欠ける感じがします。

アイコンタクトの繋がりのフィールドで
《内なる答えの泉の水門》が空くようにお願いして受取る答えは、
「え!!!」「あ~!!!」
表面では「知らなかった」「分かると思わなかった」
そんな新鮮さと驚きがあります。

また、内側からのメッセージとしての感覚があるので
自分に自信がもてます。

りなりなも全部をあらかじめ知っておかなくてもいいので楽です。

「わ・た・し・が・気・づ・か・せ・る・の・だ」

の迷路にはまらない安全なやり方だな~と重宝しています。

しみじみアイコンタクトの繋がりのフィールドのパワフルな
特徴は、経験してみてわかったことですが、
かなりのディープダイビングが安全にできるということです。

スキューバダイビングでもある一定の深さに潜るときは、
浅い水深の技術にプラスして知識と技術が必要です。
空気の減りも早いですし、潜水時間が短くなります。

マインドのディープダイビングというと、
小さい頃の意識の海より更に深く。。。

お腹の中。
過去生。
お母さんやおばあちゃん、先祖を経由して繋がっているマインド。

~無意識の海~

佐藤さん(仮名)の場合は
「私には過去生ってあるの?」
「私は過去生とか見たり分かったりする人じゃないから」
というタイプの方でした。

自分の才能を表現することを止めているものを外すぞ!
そんな意図を明確に持って意識の海にマインドダイビングをしました。

佐藤さんは新しく依頼されていた仕事がどうしてもはかどらず、
やる気が全開にならず、中途半端に手抜きする気にもなれず、
それでいて特にやる気が出ない原因も見当たらず、
でもすっきりさせていい仕事がしたかったのです。

そこで出会ったのは。。。

ある過去生の自分(佐藤さん)でした。
早くに亡くなった男の子の生涯を知らされました。

その人生で決めた観念、世界観、自己概念、神様観が
クッキリ、リアルに明確になりました。

「観念が人の心にはあるって何度も聴いたことあったけどね。。
自分がどぎゃん持って、どぎゃん影響受けてるとかは
実感としては知らんかった。。。(熊本弁)」

佐藤さんは自分の深い無意識とコミュニケートできて
必要な癒し、導きは内なる自分が協力してくれることを実感!
驚いていました。
更に意図を持って繋がることのパワフルさを受取れた自分も素敵!
新鮮な驚きをもったようでした。

その過去生の男の子は今までは佐藤さんが何か本質の才能を
表現しようとすると、
「ダメ!危ない!まずい!後にしよう!延期~~!助けて!」
という声としてこだましていました。

でも今は佐藤さんがやろうと決めたことに
進んで協力してくれるようになりました。

本物の海も面白いけど、マインドダイビングもファンタスティック!
自分を知る冒険の旅は世界旅行より面白いかも!!!

『自分を知ることは、自分を愛すること』
『自分を愛することは、人類を愛すること』

どこかで読んだ本の言葉を本当と思えた。
スポンサーサイト

<< 沖縄の神の島 久高島 | ホーム | スコットランドから知らされたパワースポット >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。